ウイスキーの劣化を防ぐ保存方法とは?守りたい4つの注意点

ウイスキー
スポンサーリンク

 「ウイスキーは腐らない」

 「古いウイスキーでもおいしく飲める」

 と思って、安心していませんか?ウイスキーは確かに保存が利くお酒です。しかし正しい方法で保管しないと味が劣化してしまい、結局捨てる羽目に……。

そのようなことにならないよう、ここでは、ウイスキーの劣化を防ぐ保存方法について紹介します。

スポンサーリンク

正しくウイスキーを保存すれば、賞味期限は「基本的に」ない

 ウイスキーは蒸留したアルコール度数の高いお酒であるため、未開封であれば長期間安定した品質を保つことができます。そのため、ウイスキーは法律でも賞味期限表示を省略できるようになっています。また、未開封であれば、古いウイスキーでも飲むことができます。

 ただしそれはウイスキーを正しい方法で保存した場合です。

 保存方法が不適切である場合、味や香りは劣化してしまいますので、味や香りを確かめてから飲みましょう。

劣化しないウイスキーの保存方法

 ウイスキーの保存方法において大事な事は、以下の4点です。

1.日光や蛍光灯の光が当たらない場所
2.温度が低く、湿気が少ない場所
3.周りに臭いの強いものがない場所
4.瓶を立てて保管する

劣化しないウイスキーの保存方法①日光や蛍光灯の光が当たらない場所

 日光や蛍光灯の光が当たると、その光がボトル内の液体に悪影響を及ぼします。これにより味が変質してしまうため、ウイスキーは暗所に保存しましょう。

劣化しないウイスキーの保存方法②温度が低く、湿気が少ない場所

 温度が高い場所や湿気が多い場所で保管すると、液体の品質が劣化してしまいます。また、コルク栓のウイスキーの場合、コルクが劣化しやすくなるため、なるべく涼しく、湿度の低い場所に保管しましょう。

具体的には、温度は10~15度、湿度は60~70%程度が理想とされています。……ですが、冒頭でも述べた通り、ウイスキーは非常に劣化しずらいため、家の中で暗くて涼しい場所(食器棚の奥、押し入れ、廊下や階段下など)を選べば問題ありません。

劣化しないウイスキーの保存方法③周りに臭いの強いものがない場所

 暗所で温度が低く、湿度が少ない場所というと、冷蔵庫が思い浮かぶかもしれませんが、ウイスキーの保存場所としてはお勧めできません。何故なら、一般家庭の冷蔵庫にはほかの食材が入っており、その臭いがウイスキーに移ってしまうためです。

 また、ウイスキーは冷やしすぎると香りが感じづらくなりますので、そういった意味でも冷蔵庫保管はお勧めできません。

劣化しないウイスキーの保存方法④瓶を立てて保管

横に保存するのではなく、縦に置いて保存しましょう

 ウイスキーの瓶は立てて保管しましょう。横に寝かせると、コルク栓の隙間から液漏れする可能性があります。また、コルク栓ではなく金属製のキャップだとしても、キャップの金属が味に悪影響を及ぼすといわれています。

 開封後は特に縦置きにしましょう。横置きにすると、縦置きに比べて酸素と触れ合う表面積が大きくなってしまうため、より酸化が進んでしまいます。

瓶詰されたウイスキーを熟成させる「オークボトル」

 ワインとは違い、ウイスキーは樽に入っているときに熟成されます。そのため、市場に出回っている瓶詰されたウイスキーは、それ以上熟成することはなく、味が良くなることもありません。瓶詰後に熟成して味わいが変化するワインとは異なり、ウイスキーは購入したときが飲み頃です。

 しかし瓶詰めされたウイスキーをさらに熟成させるものがあります。それがこの「オークボトル」と呼ばれるものです。24時間~48時間程度この「オークボトル」にウイスキーを入れておくと、香りや味わいが樽で熟成させたように変化します。繰り返し使用できるため、あまり熟成させていない安価なウイスキーをワンランクアップさせるのに最適です。

 

正しく保存しても、ウイスキー開封後は半年以内に飲み切ろう

 基本的に開封前も開封後も保存方法は同じですが、開封後はウイスキーと酸素が触れ合うことで劣化しやすくなるため、注意しなければなりません。とはいえ、適切に保存していれば、ワインや日本酒のように1週間程度で飲めなくなることはありません。

 ウイスキーの味や香りに変化が現れるのは、開封後約3ヶ月程度から半年と言われています。そのため、ウイスキーを美味しく飲めるのは適切に保存して約半年程度と言えるでしょう。

できるだけ劣化を防ぐには?開封後のウイスキー保存グッズ

 開封後のウイスキーの劣化をできるだけ防ぎたい方におすすめのグッズです。

 頻繁に栓を開け閉めするウイスキーには必要のない保存グッズです。
「お客さんが来たときだけ飲む滅多に開けないボトル」や「コレクション目的のボトル」等に使用するといいでしょう。

瓶とキャップの隙間を密封「パラフィルム」

 ビーカーやフラスコなどの容器を密閉できるほど、抜群の伸縮性・粘着性をもつ素材です。これを開封済みの瓶とキャップの部分(下図の青色部分)に一巻きすれば、それ以上酸素が入らないため、劣化を抑えることができます。未開封の瓶に使うこともできます。

瓶とキャップの境目にパラフィルムを張りましょう

窒素ガスで瓶内を満たす「プライベート・プリザーブ」

 この商品はワインを保存するときに使用される窒素ガススプレーです。このスプレーで瓶内を窒素ガスで満たしてから蓋をすることで、ウイスキーと酸素が触れ合う量を減らすことができるため、劣化を防ぐことができます。風味をできるだけ維持したい場合は、こちらを使用すると良いでしょう。

スプレー1本につき約90回使用できます。

まとめ

・ウイスキーに賞味期限はないが、味は劣化する
・劣化させないためには、適切な保存方法が大事
 ・暗所で温度が低く、湿度が少なく、強い臭いがない場所(廊下、食器棚の奥、階段下等)
 ・瓶は立てて保管
・適切に保存しても、開栓後半年以内が目安

コメント

タイトルとURLをコピーしました