ウイスキーの水割りは「氷」が決め手!水割りのおいしい作り方

ウイスキー
スポンサーリンク

 

 お家でも外食でも気軽に楽しめるウイスキーの水割り。おいしい水割りを作るには、当然水とウイスキーが大事ですが、実は「氷」の使い方に注意するだけで、さらにおいしくなるって知っていましたか?

この記事では、ウイスキーの水割りのおいしい作り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ウイスキーの水割りの種類

 ウイスキーを水で割る飲み方は、2種類あります。

・ウイスキーと冷水を1:2~3で割り、氷で冷やす「水割り」
・ウイスキーと常温の水を1:1で割る「トワイスアップ」

水割り

スコッチウイスキーとロックグラス

 グラスに氷を入れて、ウイスキー・水の順に注いで混ぜる飲み方です。一般的にウイスキーの水割りといえばこちらです。水で割ることでウイスキーの度数が薄まり、氷で冷やすことでウイスキーの香りが少し抑えられるため、飲みやすくなります。

トワイスアップ

ウイスキーの香りを楽しむ用のグラスが2つ

 グラスにウイスキーと常温の水を1:1で混ぜる飲み方です。ウイスキーの種類によっては常温の水を加水することで、ウイスキーの香りと味が引き出されます。そのため、テイスティングの時に用いられる飲み方でもあります。

 

 この記事は「水割り」の作り方について紹介します。

氷を使った「水割り」は日本だけ?

実は海外で水割りと言えば「トワイスアップ」のような氷を使わないものが一般的で、氷を使った「水割り」は日本独特の飲み方だそうです。

何故このようなユニークな飲み方が普及したかは諸説ありますが、日本のウイスキーメーカーであるサントリーがウイスキーを日本で普及させる際、日本人の晩酌に合う飲み方をしてもらうために考案したとされています。まだウイスキーに馴染みのない当時の日本人にとって、ストレートやロックでは癖のある香りや味が強すぎたこと、また、高温多湿の日本では冷たいお酒が求められていたこともあって、氷入りの水割りは普及しました。

おいしい水割りの作り方

ロックグラスにウイスキーが入っている

 ではおいしい「水割り」の作り方をご紹介します。

準備するもの

 準備するものは以下の5つです。

①グラス
②ウイスキー
③水
④氷
⑤マドラー

 水割りは水の味が大切ですので、水はミネラルウォーターがおすすめです。

 氷はスーパーやコンビニで販売されている1つ1つの氷が大きい「ロックアイス」がおすすめです。不純物がなく、表面積が小さいので溶けにくいため、水割りが薄まりにくく、おいしい味がキープしやすいからです。

「ロックアイス」を買うのが手間だという方は、丸型製氷器にミネラルウォーターを入れて作りましょう

作り方の手順

丸い氷が入ったロックグラス

①グラスいっぱいに氷を入れる。

②ウイスキーを注ぐ。
 量はお好みですが、30ml(又は指1本分)が目安です。

③マドラーなどでしっかりと混ぜる。
 ウイスキーを冷やします。

④減った氷を足し、水を加える。
 量はウイスキーの2~2.5倍が目安です。

⑤マドラーで軽く混ぜる。

大事なポイント!「氷」でしっかりとウイスキーを冷やそう

 ここで大事なのは手順③でウイスキーを氷でしっかりと冷やすことです。
ウイスキーと水が混ざる際に希釈熱が生じ、温度が3度ほど上昇してしまう特性があります。この手順を無視して、ウイスキーを冷やしておかないと味がぼんやりとしてしまいます。そのため、水と混ぜる前に「氷」でウイスキーを冷やすことが、おいしい水割りのポイントです。

毎回作るの大変…という方におすすめの水割りウイスキー

 おいしい水割りを作るコツは、ウイスキーを水で混ぜる前に「氷」でしっかりとウイスキーを冷やすこと、ということが分かったと思います。これは、ウイスキーと水が混ざった際に生じる希釈熱が原因です。

 ウイスキーや水の分量を気にしたり、氷で冷やしたり、「家で気軽に飲みたいのにめんどくさいな・・・」と感じるときもあると思います。

 そういう時は、最初から水割りされたウイスキーを購入するのも手です。こちらであれば、「希釈熱」は生じないため、グラスに氷を入れて注げばOKです。
自分で濃さの調節はできなくなりますが、気軽に飲みたい方にはおすすめです。

まとめ

 ウイスキーの水割りは家でもお店でも気軽に楽しめる飲み方です。一方で、作り方によって出来上がりが大きく変わるのも水割りの特徴です。

 お酒を楽しみたい特別な日には、「氷」にこだわって飲んでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました