アブソルートウォッカの原料は?こだわりのピュアウォッカ

ウォッカ
スポンサーリンク
アブソルートウォッカの瓶

 お洒落な瓶が特徴的な「アブソルートウォッカ」ですが、原料にもこだわっています。

今回はアブソルートウォッカの原料と製造法について簡単にご紹介します。

スポンサーリンク

「絶対的な」哲学をもつアブソルートウォッカ

 アブソルートウォッカは、その「アブソルート」の名からわかる通り「絶対的な」哲学を持っています。

原料はスウェーデン産の冬小麦100%

Country4kによるPixabayからの画像

 原料はスウェーデン産の冬小麦のみで作られています。

 実はアブソルートウォッカのように、原料にこだわったウォッカは少ないです。
その理由はウォッカの製造過程にあります。ウォッカは、原酒を活性炭でろ過します。それによりほとんど無味無臭になるため、原料にこだわる必要性が低いからです。

 しかしアブソルートウォッカは違います。スウェーデンの338か所!の地元農場から調達した冬小麦のみで作られています。これにより、ウォッカの透明感の中にほのかに残る甘さを実現しました。この僅かな甘みのために原料を厳選する姿勢は素晴らしいですね。

冬小麦、春小麦とは?

 冬小麦・春小麦とは種をまく時期が冬であれば冬小麦、春であれば春小麦と呼ばれます。品種は関係ありません。特徴として、冬小麦は比較的グルテンが少なく、柔らかく、春小麦はグルテンが多く、パンの材料に適しています。

井戸の地下水のみで製造

Bernfried SchnellによるPixabayからの画像

 アブソルートウォッカは、水にもこだわっています。スウェーデンの井戸水を、深さ130m以上から汲み上げて作っています。

 何千年もの間スウェーデンの岩盤を通ってできた地下水を使用することで、ピュアな味わいを生み出しています。

環境に優しい製造哲学

Christian B.によるPixabayからの画像

 アブソルートウォッカには「すべてをリサイクル」という理念があります。

例えば、ウォッカの製造過程で生産される蒸留副産物を地元の農場の豚や牛の餌にすることで、無駄な廃棄物を出さないようにしています。

まとめ

・原料はスウェーデン産の冬小麦100%、それによりほんのり甘い
・水はスウェーデンの井戸水
・環境に優しい製造哲学

コメント

タイトルとURLをコピーしました