【珍酒紹介】昆虫食ブームから虫入りウォッカが登場!「スコーピオンウォッカ」「バンブーワームウォッカ」

70mlと700mlのスコーピオンウォッカが並んでいるウォッカ
スポンサーリンク

 最近昆虫食が注目されつつありますが、お酒にもそのブームが来たようです。世界の昆虫食を取り扱っている「バグズファーム」より虫入りのウォッカが発売されました。

 サソリが入ったウォッカ「スコーピオンウォッカ」、蛾の幼虫が入った「バンブーワームウォッカ」をそれぞれご紹介します。

虫の画像が出てきます。苦手な方はご注意ください。

スポンサーリンク

虫入りウォッカ①「スコーピオンウォッカ」

 この「スコーピオンウォッカ」は、キョクトウサソリ、通称アーマーテイルスコーピオンという種類のサソリを漬け込んだウォッカです。

アーマーテイルスコーピオンとは?

 アーマーテイルスコーピオンは、東南アジアからオーストラリアまで広い地域で生息しており、日本では沖縄県の南西諸島(石垣島等)にも生息しています。古くから中国では食用として愛されてきました。

 サソリといえば、毒針が気になりますが、十分に加熱処理をして、経口摂取をする場合は問題ないとのこと。アーマーテイルスコーピオンの大きさは4~6㎝で、元々の毒性も低いそうです。

 そのまま食べると意外と癖はなく、エビのしっぽのような味だそうです。

アーマーテイルスコーピオンを数カ月漬け込んだウォッカ

 この「スコーピオンウォッカ」は、アーマーテイルスコーピオンを数カ月漬け込んだウォッカです。サイズは70mlと700mlから選べます。

虫入りウォッカ②「バンブーワームウォッカ」

バンブーワームとは?

 虫の中でも美味しいと評判なバンブーワーム。バンブーワームは竹を食べて育つことから、日本では「タケツトガ」や「竹虫たけむし」と呼ばれています。

 竹を食べて育つためか竹のような甘い香りが特徴で、料理の香りづけや、芳香剤のように利用している方も…。(以下は「バンブーワーム」の感想です。)

病みつきになる香り
(30代 女性)
この虫の一番の魅力は「香り」だと思います。

味はそこまでしないけど、砂糖菓子みたいな甘い香りがすごく良くて袋を開けてはスーハー、袋を開けてはスーハーしています。もはや私の中では食べ物じゃなくて芳香剤です。

レシピブログにクリームパスタと合うって書いてあったのも頷けます。この甘い香りを乳製品と組み合わせて美味しくならないはずがないです。

ただ料理に使うのは勿体ないのでしばらくは芳香剤として利用するつもりです。
食べる用にもう1袋買おうかな。。。

出典:タケツトガのスナック|昆虫食ならbugoom(バグーム)

香りは筍、味はナッツ
(20代 女性)
本当に袋を開けた瞬間、筍のような甘い香りがフワッと広がります!味はナッツ系統で美味しいんですが、もう少し塩気が欲しかったかも。

出典:タケツトガのスナック|昆虫食ならbugoom(バグーム)

バンブーワームを数カ月漬け込んだウォッカ

 この「バンブーワームウォッカ」は、バンブーワーム1匹を数カ月ウォッカに漬け込んだもの。独特の風味が楽しめるようです。

 サイズは70mlと700mlから選べます。

まとめ

 飾るもよし、贈るもよし、罰ゲーム?にもよし、の虫入りウォッカ。珍しいお酒をお探しの方は購入してみてはいかがでしょうか。

 注意事項として、エビ・カニのアレルギーがある方は、摂食をお控えくださいとのこと。ギフトの際は気を付けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました