「ウォッカは太らない」は本当?ダイエット中に気を付けたいお酒の飲み方

体重計に乗っているウォッカ
スポンサーリンク

 ウォッカやウイスキー等の蒸留酒は太らないという話を聞いたことがありますが、本当なのでしょうか。ウォッカのカロリーは100ml当たり228kcalとビールの5倍ほどあり、一見太りやすそうですが、カロリーの性質上太らないとされています。

 この記事ではウォッカを飲んでも太らない理由と、ダイエット中に気を付けたいお酒の飲み方について解説します。

スポンサーリンク

ウォッカは太らない理由①ウォッカのカロリーは脂肪にならない

ウォッカの栄養素表
出典:https://calorie.slism.jp/

 ウォッカやウイスキー等の蒸留酒は、アルコール由来のカロリーのみで構成されており、ビールや日本酒等の醸造酒とは違い、糖質や脂質、タンパク質などの栄養素がありません。アルコール由来のカロリーは身体に蓄えることができず、即消費されます。そのため、ウォッカだけで太ることは困難とされています。

 一方で、ビールや日本酒、ワイン等の醸造酒は糖質や脂質を含むため、脂肪になり得ます。

ウォッカは太らない理由②少ない量で満足できる

 100ml当たり228kcalは、ビールの5倍程度にあたります。一見ビールよりも5倍太りやすいように見えますが、ウォッカはアルコール度数が高いため、ビールなどに比べ、少ない量で満足できます。

 ビールで700ml飲むのは缶2本分ですから簡単に飲めますが、ウォッカの700mlは瓶1本分。ビールと同じ量をさくっと飲める人は、そうはいません。

ウォッカでも太る場合は?飲み方に注意!

 「普段飲んでいるお酒をウォッカに置き換えれば痩せる!」というわけではありません。お酒そのものよりも、お酒の飲み方がダイエットには重要です。

おつまみの食べすぎ

野菜スティック、ポテトチップス、クラッカー、オリーブなどのおつまみ

 アルコールは食欲を増進させるため、ついつい食事も進んでしまうもの。いくらウォッカそのものは太らないとはいえ、たくさん食べてしまえば太ります。

 「お酒を飲むと食が減る」という方は問題ありませんが、「飲むと食が進む」という方は、野菜スティックやアーモンド等の太りにくいおつまみか、予め食べる上限を決めておくといいでしょう。

ジュース等で割って飲んでいる

 ウォッカそのものは太りませんが、ジュース等で割って作るカクテルは残念ながら太ります。ダイエット中はストレートやロック、割るにしても炭酸水やコーヒーなど太らない素材で飲むといいでしょう。

ウォッカの飲みすぎ

 アルコールを先にエネルギーとして利用するため、おつまみや食事で摂取したカロリーの分解は後回しになります。当然それらのカロリーは脂肪になるため、ウォッカを飲みすぎるとそちらのカロリーの分解だけで手一杯になり、おつまみや食事がそのまま脂肪となってしまい、結果として太ります。

 飲みすぎは体重だけではなく、肝臓にもよくないため、飲む量はほどほどにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました