アメリカで大流行中の「ハードセルツァー」とは?簡単解説

 ここ数年、アメリカで大流行している「ハードセルツァー」。日本でも今年に入ってサッポロビールやコカ・コーラがハードセルツァーの発売を開始しました。

 この記事では「ハードセルツァー」について簡単に解説します。

目次

ハードセルツァーとは?

sonic hard seltzer cherry limeade
ソニックのハードセルツァー チェリーライム味
sonicのhard seltzer

 ハードセルツァー(Hard Seltzer)とは、低アルコール炭酸飲料のことです。

 元々セルツァー(Seltzer)は炭酸水のことで、それにアルコールを加えたものをハードセルツァーと言います。

低アルコール炭酸飲料・・・ってチューハイと何が違うの?

 厳密な区分はありませんが、ハードセルツァーとチューハイの違いは以下の通りです。

項 目ハードセルツァーチューハイ
区 分低アルコール炭酸水低アルコール炭酸水
甘さ控えめが主流甘いものが主流
アルコール
度数
2~5%3~9%
アルコール
の種類
サトウキビ由来のアルコールが主流焼酎・ウォッカ等の蒸留酒が主流
カロリー100kCal未満100~180kCal

 このようにハードセルツァーは、チューハイよりも低アルコールでカロリーも低く、ヘルシー志向な飲み物と言えます。

また、チューハイは甘いものが主流ですが、ハードセルツァーは甘みを抑えたものが多く、

軽くお酒を飲みたいけど、甘いのはちょっと・・・

 というとき新たな選択肢として受け入れられるでしょう。

 このようにハードセルツァーとチューハイは違うお酒ではありますが、かなり共通点が多いです。

 そのため、ハードセルツァーを「アメリカ版チューハイ」と称するメディアもありました。

ハードセルツァーは何故アメリカで大流行?

hard seltzerハードセルツァーを冷やしている様子

 今までのアメリカは日本とは異なり、チューハイの様なお酒はあまり流行っていなかったようです。

 何故最近になって「アメリカ版チューハイ」であるハードセルツァーが大流行しているのでしょうか?

ヘルシー志向な人々にマッチ

 近年アメリカでもヘルシー志向が強まっており、アルコール度数が高いお酒や糖質の高いジュース等を避ける傾向が増えてきました。

 アルコール度数の高いウォッカや糖質の高いビール等を避け、低アルコール度数、低カロリー、低糖質なハードセルツァーが、そうしたヘルシー志向な人々のニーズに応え大人気になったようです。

見た目がスタイリッシュ

DEEP EDDY hard seltzer LEMON
ディープエディのハードセルツァーレモン味

 缶の見た目がスリムで、デザインがスタイリッシュであるため、若者を中心に人気が出ているようです。

 アメリカ現地の大学生に話を聞きましたが、女子大学生のほとんどは「ハードセルツァー」、男子大学生もビール又はハードセルツァーを飲むのが一般的になっているようです。

日本でハードセルツァーを買うには?

 まだ種類は少ないですが、アマゾン等のインターネットで気軽にハードセルツァーを購入できます。

 輸入にコストがかかっているせいか、Trulyは1本当たり390円と少々高いです。

サッポロビールがハードセルツァーを製造・販売しています。こちらは1本当たり150円程度とかなりお手軽な値段となっています。

  

 

 また、2021年9月からコカ・コーラ社が日本でハードセルツァー「トポチコ(topochico)」を発売開始しました。

 

 こちらはサッポロビール社の物とは異なり、既にアメリカ現地で販売されている物を日本でも販売する形です。

 まだ関西エリアのみで、全国での販売はしていないようですが、関西で人気が出れば、今後日本でも気軽に購入できるようになるのではないでしょうか。

Topo Chico Hard Seltzer(トポチ...
Topo Chico Hard Seltzer(トポチコ ハードセルツァー) コカ・コーラ発、新世代のお酒「Topo Chico Hard Seltzer(トポチコ ハードセルツァー)」が日本上陸。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる